ZEHへの取り組み

ZEHとは
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)の略。
年間の1次エネルギー消費量がネットで概ねゼロ以下となる住宅。
高断熱化、20%以上の省エネルギーにより、住宅で消費されるエネルギーを大幅に削減した上で再生可能エネルギーの活用により、

年間で消費するエネルギーをまかなうこと(ネット・ゼロ・エネルギー)を実現。
CO2削減に貢献できて、地球にやさしい家のことです。

【経済産業省のホームページより引用】

【経済産業省のホームページより引用】

ZEH目標公表資料

ナカノカーペンターは平成32年度(2020年)までにZEH普及率を50%以上とし、
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及目標を公表致します。

 

ZEH受託率(目標)

平成28年度(2016年度)・・・ 5%
平成29年度(2017年度)・・・15%
平成30年度(2018年度)・・・25%
平成31年度(2019年度)・・・35%
平成32年度(2020年度)・・・50%

 

◆ZEHの周知・普及にむけた具体策

ホームページに掲載し、普及に向け周知を図る。
イベント開催時、ZEHの普及を図るとともにシュミレーションで光熱費のお得感をアピールする。

 

◆ZEHのコストダウンにむけた具体策

外皮性能計算や1次エネルギー消費量算定の計算を行うことでコストダウンを図る。
住宅性能の規格化による商品づくりをすることでコストダウンを図る。

 

◆その他の取り組みなど

省エネ住宅に関するセミナー、講習会などに積極的に参加することで住宅性能アップを図る。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を行う住宅にBELS(省エネ性能表示)を取得する事で、
住宅の資産価値を上げる提案をする。